ファンデーション

30代の女性の肌に合った化粧品選び~綺麗な肌にするためにスタッフと一緒に選びましょう~

こじらせメークに断捨離を

金髪の女性

グラデーションをやめたら

皮膚が薄く、瞬きを続けるまぶたは顔の中でもエイジングが特に必要なパーツです。たるんでビローンとなるアコーディオンのようなお肌に、二重が曖昧になったぼやけ目、まぶたが被さった目、色素沈着のくすみ目、マスカラやまつげパーマブームを経て酷使しすぎたハゲまつげなど、40代の目元の悩みは複雑です。カバーしようとアイケア化粧品やアイシャドウを重ねれば重ねるほど、アラが目立り、イタい40代になりがちです。そこで、40代こそ化粧品選びを適切にすることが大切なのです。40代に必要な化粧品は、色よりもフレーム。スマートであることが美しい引き算メイクです。今までのグラデーション重視の化粧品は断捨離。流行のノーシャドウ風の若返りメイクでアイシャドウは控えめ、アイラインを重視してパッチリ目を取り戻しましょう。

パッチリなのに自然

40代のまぶたは、まつげが薄くなったり、皮膚がたるんだり、伸びたりして、まぶたの粘膜の白い部分が増え、フレームの力が弱くなっています。老け感が出るのは、まつげが生えている根元の内側、インサイドと言われる部分です。アイシャドウより何より、このフレーム力が司どるインサイドを攻めることで、若々しさのファーストステップです。40代に最も必要な化粧品アイテムは、ブラウンのアイライナーです。黒=アイライナーと思われがちですが、黒はスリムに見せるカラーでもあるので、目を小さくしてしまうこともあります。ブラウンならば、程よい引き締め、膨張効果もあるため、目の形を選ばず、目をくっきり、かつ黒より上品に美しく見せてくれます。