ファンデーション

30代の女性の肌に合った化粧品選び~綺麗な肌にするためにスタッフと一緒に選びましょう~

似合うコスメを纏って

ファンデーション

魅力的に、大切になろう

30代に突入すると魅力的に、そして年齢より若く見られたいと密かに思うのが女心ではないだろうか。化粧品はドラッグストアでお手頃な値段で買うことも、デパートで奮発して買うこともできる。選び方は人それぞれだが、20代の頃に合っていたものが30代になっても合うとは限らない。仕事をしている女性は職業に適した化粧品を選ぶことがビジネルマナーにも繋がる。また育児をしている女性は子供にも触れる機会が多いので肌に優しい化粧品を意識的に取り入れることも必要になってくるのではないか。30代の大人の女性達にはこのように自分が身を置いている環境によって化粧品の選び方を変えていくことが好ましい。また化粧品には使用期限の目安がある。口紅やマスカラといった液状の化粧品は開封から3ヶ月を目処に使い切ることが推奨されている。頻繁に買い換える製品はお手頃な値段で購入する、というのもひとつの選び方である。年齢を重ねるごとに老化に対しての意識は高くなる、それゆえに30代は肌への負担も考えながら化粧品の選び方を考えるべきだろう。

自分だけで選ばないで

さきほど20代で合っていた化粧品が30代になっても合うとは限らないと述べたが、肌質や肌色の変化もその理由として挙げることができる。しかし自分ではなかなか気がつきにくいものである。そこでデパートのコスメフロアでアドバイザーに相談することをお勧めしたい。似合う色味を機械で診断をするブランドや、目視で診断してくれるブランドがあるので色味や質感をタッチアップしてもらいながら自分により合っている化粧品を選んでもらいたい。タッチアップしているときに色ののせ方のテクニックを吸収することもできるし、「こんな雰囲気になりたい」と相談すればそれに合った商品を紹介してくれるだろう。購入するしないは別として、今までとは別の自分を発見できるチャンスになるかもしれない。自分に似合う化粧品を選んで、素敵な30代を過ごしてほしい。